スマホゲームという生き物観察日記

スマホゲーラボ

未分類

ロマサガRSという最高潮で最低な思い出をくれたゲーム

投稿日:

このページってロマサガRSのなんですの?

はい、管理人のロマサガRSの思い出をひたすら書いていくコーナーです。

時系列とか特に考えてないです。その時その時の書きたいことを重ねていくだけです。

というかロマサガRSへの熱量を(まだこの時点で半年だけど)書きとめたいなと思っただけです。

ハーフアニバーサリーまでの奇跡

本当にハーフアニバーサリーまでは面白かった。

たしか細かい失敗点はけっこうあったと思う。

二回目の生放送の時、「とてもよかった」が8割を超えた。

「とてもよかった~まぁまぁよかった」では9割越え。

これが2019年5月28日の生放送のハーフアニバーサリー直前の評価だった。

ちなみにハーフアニバーサリーの開始は6月1日からだった。

初回生放送の苦境

ロマサガRSははっきり言ってどうなるかわからないアプリだった。

「シナリオがひどい」「周回ゲー」「技三つしか閃かないんかい!」

短所を上げればきりがない。

その期待の低さを表したのが、初回生放送だった。

「とてもよかった」は20%。まぁまぁよかったとあわせても50%いかない。

これはきついなと生放送を見ていて感じていたが、ソシャゲをよく知っている人に聞いたら結構厳しめなアンケートはよくあるらしい。

さて話は戻ってハーフアニバーサリーへ

第一回生放送は良い反応が50%いかないくらい。

第二回生放送は良い反応が90%越え。

めちゃくちゃ反応がよくなった。

ロマサガRSは着実にソシャゲの覇権ゲームへと近づいていった。

ロマサガRSってなにがよかったの?

いろんな人が言っているけど「究極の盆栽ゲー」という表現が一番しっくりくる。

自分が好きなシリーズのキャラでひたすらゲームをしたい。

やってなかったシリーズのキャラは特に愛着ないけどリメイクされたらやってみようかな。

あとはひたすら好きなキャラでパーティー作ってイベントを周回。

書いてて思ったけどFGOに似てるな。

つまり自分の好きなシリーズのキャラが強かったらうれしいけど、でもそうでなくても別にいいやというゲーム。

それがロマサガRSだった。

ユーザーは高難度のクエストを最適なキャラでクリアするよりも、自分が作りたいパーティーと育てたいキャラでクリアすることが楽しみだった。

だからインフレは本当に繊細に扱わないといけなかったと思う。

やっちまったかもしれないイベント

裏闘技場

個人的にはそこまでひどいとは思わないけど、インフレのはじまりとも言えるイベント。常設だから新規のユーザーと古参のユーザーでかなり差が出るかもしれない。

パラメーターボーナスがもらえるアイテムのポイントを集めるクエスト。

自分が好きなキャラを強くすることができるからいい面もある。

夢魔イベント

ロマサガRSには「防御」コマンドがない。そのため回復手段を持っていないキャラは絶対攻撃をしないといけない。

そしてこの夢魔イベントのボスから返ってくるものが「カウンター」だった。

近距離攻撃には問答無用で結構痛いダメージが返ってくる。

新規ユーザーが自分が好きなキャラで挑んだらボッコボコにされたのもこの時期だ。

そして特設ガチャには「遠距離攻撃」のエミリアがいた。

なんかいろいろと察した。

バーニィイベント

初めてロマサガRSでSSランクのキャラがゲットできるイベントが始まった。

相手は教授のペットたち。

ロマサガ3が好きな管理人は喜んでクエストに突入した。

そして高ランクでワニに火あぶりにされた。

このクエストは1から20までの難易度に分かれていて。

管理人の実力だと10~12ぐらいでオート周回できる実力だった。

20になると手動でやっと勝てるというくらい。

まあ強くない自分が悪いと思い、10~12くらいを周回し始めてあることに気づいた。

SSバーニィ交換のためのメダルが全然集まらない。

難易度に分かれてメダルの枚数が増減するのは予想していたが

10~12程度の難易度だとノードロップがけっこうあるのだ。

手動で難易度20を周回していてふと「別にこのキャラにここまで必死にならなくてもいいや」と気持ちが切れてしまった。

ロマサガ3が好きだったけど、そこまでのめり込む気力も時間も社会人にはなかったと諦めた。

実はハーフアニバーサリーの時の盛り上がりを受けて個人的に友人たちにロマサガRSをおすすめしていた。

何人かはリセマラをして楽しくやっていたみたいだった。

バーニィイベントが始まってメダルのドロップの渋さにつらさを感じていた時に、友人たちはどうなっていたか気になった。

返ってきた答えは「きついから諦めた」だった。

友人たちはメダルがドロップしやすいクエストまで到達することができず、早々に諦めることにしたようだ。

せっかくのハーフアニバーサリーで初のイベントSSキャラだけど、新規には取らせない。

新規をしばいていくスタイルに疑問を持った。

ロビン杯、開幕

個人的に「あ、このゲーム終わった」と確信したイベントだった。

ロマサガRS開始からはじめていた管理人も全くクリアできない。

というかHP3ケタのキャラに対して4ケタのダメージが飛んでくる。

ネットで対策を探して返ってくる答えは「パリィでお祈り」のみ。

生放送で攻略しているひとの動画を見てみた。

ひたすら敵にみじん切りをされていた。

戦力としてはかなり強いほうに位置するだろうけど、相手の強さはそれどころじゃなかった。

そしてロビン杯のメダルを集めて待っているのは「聖石」という強化アイテムだった。

しかもその効果がかなり高い。

今後の高難度クエストはこのロビン杯の苦行の先でしか対応できないと思う。

現状のロマサガRSについて

現時点ではまだロマサガRSは続けている。

しかしログインとデイリークエストくらいしかやっていない。

スタミナもあふれっぱなしだと思う。

キャラを鍛える訓練場を定期的に見ていたが、放置することも多くなった。

ハーフアニバーサリーという1か月は本当にすごい速さだった。

これだけ期待して失望したソシャゲは近年なかった。

今後もサービス終了まで細々とやると思う。

ロマサガが好きだったからそこまでは付き合いたい。

課金はもうしないと思う。

 

-未分類

Copyright© スマホゲーラボ , 2019 AllRights Reserved.