生活に役に立つ商品をスマホで発見

スマホ of ライフ

未分類

速乾タオル おすすめを試してベストタオルを決めてみた【インドア・アウトドア編】

投稿日:

速乾タオル、文字通り「早く乾くタオル」です。

タオルというと体をふくことを思いつくかもしれません。

しかし速乾タオルの使い勝手の良さは他にもたくさんの使い方があります。

そして速乾タオルには色々な種類があるのです。

適当に選んでしまうと後で後悔してしまう可能性がとても高いです。

みんなが失敗しがちな速乾タオルの種類についてばっちりまとめてみました。

そして速乾タオルは普通のタオル以上に様々な使い方ができます。

室内では机の上を拭くふきん代わりに使うことができます。

外ではテントの結露ふきに使うことができます。

ランニングをしているときに公園で水を使ってタオルで体を冷やしたい、しかしタオルが水でビチャビチャのままなのはいやという人にはもってこいです。

このページでは速乾タオルの用途別ベストタオルを決めてみました。

汗をかくことは美につながる

タオルなんか必要ないと思っている人、断言しますが「美の老化につながっています」

どういうことなのか、説明します。

汗をかかないほうが服の汗ジミにならなくていいじゃん?

とみなさんは思っていますが、実は「皮フのたるみ(最悪ですよね)」の始まりは汗腺の老化だとわかったのです。

汗はどこでつくりだすのか?「汗腺(かんせん)」でつくられます。

汗腺まわりの毛細血管から、血液に含まれている水や塩をとりこんで汗が作られます。

このときに汗腺から導管(どうかん)というクダの部分を通って肌から汗となります。

若い時の汗はサラサラしていて、年をとってくると汗がべたつくという記憶がありませんか?

実はこの実感、正しかったのです。

年をとるにつれて、この汗をとおす導管が短くなってしまっているのです。

汗をとおすクダの長さなんか老化に関係ないでしょ?

いいえ、このクダが短くなったぶん、肌のすきまにはどうなってしまうのか?

空洞、穴が開いたようになってしまいここから「皮下脂肪」がはいりこんでしまうのです。

そして皮下脂肪が入り込んだ結果、汗腺のクダが短くなったところから肌のたるみがはじまってしまうのです。

まとめます

汗をたくさんかくことは、汗腺の導管の長さをながく保つことにつながる。

汗をかかないと汗腺の導管の長さが短くなってしまう。

導管の短くなったすきまには皮下脂肪が入り込んでしまう。

皮下脂肪がはいりこむことで「皮ふのたるみ」につながってしまう。

皮ふのたるみは美の老化につながってしまう。

速乾タオルは汗をたっぷりかきたい人にとってもってこいのアイテムです。

日ごろ運動不足の方はたかがタオルと甘く見ずにチェックしてくださいね。

室内用おすすめ速乾タオル

Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 4枚セット

室内用の速乾タオルならこのタオルセットがおすすめです。

床に敷いて汗を吸収させることにもっとも向いています。

こういった経験はないでしょうか?

ヨガのマットを使っていると、マットの上にどんどん汗が垂れてしまい衛生的に嫌な経験があった。

ダンベル運動を室内でしていて、汗がたれてフローリングがぬれてしまった。

じゃあヨガ・ダンベル用のタオルを買おうと思っても、かなり高額になってしまうケースがあります。

そもそもヨガをやろうとするとわかるのですが、マットがないとヒザやヒジなどが床にあたって痛いです。

なのでマットの上に汗を吸い取る一枚が欲しいところです。

そんな時にこのCaloics® 速乾タオル スポーツタオル 4枚セットが使えます。

なぜ4枚セットなのかですが、一番長いタオル[76×152cm]がマットに敷くのに一番都合がいいからです。

残りのタオルは運動後の汗拭き、スポーツのおともなど無駄なく使えるところがありがたいです。

アウトドア用おすすめ速乾タオル

VACNITE クールタオル 速乾タオル

旅行をするときに持ち運びたいならこちらの速乾タオルがおすすめです。

クールタオルの性能も持っているので、外出するときの暑さ対策も同時にできてしまいます。

クールタオルの中には、使った後に乾かすとパリパリに固くなってしまうタイプのタオルがあります。

このタオルは乾いた後もやわらかいままなのでとても使いやすいです。

やわらかいということは、荷物でかさばりにくいということです。

速乾タオルでアウトドアに求められているものの中に「乾きやすいから前日に洗って干すだけで翌日も使える」点があります。

旅行の持ち物がいつもかさばってしまう人、汗をかきやすいのでよく吸水するタオルが欲しい人にはこのタイプの吸水タオルが役に立ちますね。

あの今治タオルにも速乾タオルが販売

今治タオル スポーツタオル hoshi

今治タオルといえばもう知らない人はいないくらいのタオルメーカー。

今治タオルも速乾タオル作っていないかなと探していましたが、さすが今治タオル、しっかり速乾タオルも作ってくれていました。

スポーツタイプのタオルなのですが、スポーツ以外にキッチンタオルで使う女性に評判がよかったです。

やはり家事をするとハードな使い方をすることがあるので今治タオルはとてもタフなだけあって便利なのですね。

普通のタオルだとよくある困りごと

・旅行の多様化が進んだ結果、お値打ちな宿でタオルが用意していない(別売り)の場合がある。

身軽な旅をしたいと思って宿を決めたがいいけど、旅館についてタオルが別売りだと知ってショックを受けたことが最近ありました。

別売りだからと言って買わないわけにはいかないですよね。お風呂入りたいですし。

・家からタオルを持っていくと、使った後に臭くなってしまう。生乾きのタオルをバッグにしまうのが衛生的につらい。

お風呂で使った後のバスタオルをできたら乾かしたいと思って部屋で干すんですけど、めったに乾かないですよね。

それでバッグにしまうのですけど、湿っているから乾いたときよりスペースをとってしまうし、生臭いからビニール袋に詰めないといけないしでちょっとブルーになってしまいますよね。

速乾タオルを使ってからはこういった心配がなくなったのはとてもうれしいですね。

ちょっとした悩みですが、無くならないものだと思っていたので速乾タオルの使い勝手の良さに改めて感心してしまいます。

速乾タオルとスイムタオルの違い

速乾タオルの中には「スイムタオル(セームタオル)」という種類があります。

(こういうタイプのタオルです)

スイムタオルは速乾タオルと同じようによく水を吸い込んで乾くのがとても速いです。

しかし、スイムタオルには速乾タオルと決定的に違う点があります。

一定の湿度にたもつためにケースにタオルを入れないといけない

これが少しやっかいな点です。ケースにスイムタオルを入れないとどうなるのか?

パリパリなタオルができてしまいます。

速乾性はあるので、ケースに入れないとそこまで乾いてしまうのですね。

そしてもう1点

ケースがけっこうかさばってしまう

速乾タオルは薄手で荷物になりにくいのが特長なのですが、スイムタオルはケースがプラスチックでできているのが多く、小さくたたんで持ち運ぶという使い方が難しくなってしまいます。

スイムタオルの使い道は?

色々スイムタオルのデメリットを紹介してしまいましたが、では使い道はないのか?

もってこいの使い道はあります。

名前の通りプールや水泳に使うのはもってこいです。

長い髪の方は泳いだ後、自分の髪を絞って水を飛ばしてもタオルで水が吸いきれないことがけっこうありますよね?

スイムタオルだと少し水を吸収させるこつがあります(ごしごしふくよく押し付けて吸収させるイメージ)

しかしコツをつかむとぐんぐん水を吸収してくれます。

プールで泳ぐのが趣味の女性の方向けですね。

赤ちゃん用おすすめ速乾タオル

ベビーバスタオル ベビー新生児 綿100%

いろいろ速乾タオルを試してみたのですが、赤ちゃん用の速乾タオルでベストなのかと考えると微妙な結果になったので、ここはおとなしく赤ちゃん用特化タオルをご紹介します。

赤ちゃんに肌さわりは重要

速乾タオルの種類によっては「石油臭さ」と表現するような化学っぽい匂いが出る場合があります。

大人の場合は何回か洗えば気にならなくなるからいいでしょ?と言えますが

赤ちゃんにもそれ使うの?といわれると・・・OKは言いずらいですね。

赤ちゃん用の速乾タオルを探している方はどういうシチュエーションで使いたいのかよく検討したほうがいいですね。

このタオルだとよく使っていることもあり、肌さわりや使い心地はとてもいいと保証できます。

速乾タオルの種類はどれくらいあるの?

速乾タオルをいろいろ試してみましたが、結局のところふわふわタイプと言い切れるものはありませんでした。

では速乾タオルとはタオルの種類の中でどのような位置づけになるのでしょうか?

ここでは肌さわり1点に注目して速乾タオルを一度調べてまとめてみました。

その①みなさんご存知、ふわふわタオル「マイクロファイバータオル」

ふわふわする肌さわりのタオルと言えば「マイクロファイバータオル」で間違いないと思います。

乾かすとふわふわする、みなさんの想像する「ああ、これがタオルだよな」感がとてもあるやつです。

じゃあ速乾タオルでなくていいじゃんと思えますが、もちろんデメリットもあります。

・乾くのが速乾タオルの中でも一番遅い

・乾いた後の生乾き臭の可能性が高い

・やっぱりかさばる

肌さわりのかわりにけっこう不満点が出てしまいますね。

むしろ速乾タオルを求めている人にとっては結構つらいデメリットのところもあります。

その②スウェードタイプの速乾タオル

ふわふわした肌さわりはありませんが、水を吸収する能力については中々なもの。

このページで紹介している速乾タオルはほとんどこのタイプです。

理由としては速乾タオルの中で一番性能のバランスがいいと使っていて実感したからです。

なにしろ運動などで大量に汗をかいてもぐんぐん吸い取って乾いてくれます。

肌さわりさえ気にならなければ是非使ってもらいたい商品です。

その③スイムタオルタイプの速乾タオル

スウェードタイプの次には一番水を吸い取るスイムタオルです。

スウェードタイプよりもさらに水を吸い取ることができます。

ただし、速乾タオルの中でも一番水の吸収のさせかたにコツがいります。

イメージとしては水に対してタオルを押しつけるような感じでふくとよく水を吸収します。

逆に普通のタオルのようにごしごしとふくとまったく水を吸い込んでくれないことがあります。

そして肌さわりは一番ごわごわしています。

ただし生乾きなどの悩みとは無縁ですね。何しろ本当によく乾きます。

そのかわりケースにいれて保存しないとパキパキな板みたいになってしまうのでものぐさな人にはちょっとつらいかもしれませんね。

速乾タオルの種類 まとめ

速乾タオルには「マイクロファイバータオル」「スウェードタオル」「スイムタオル」の種類がある。

・水の吸収力の強さで考えたら?

①スイムタオル ②スウェードタオル ③マイクロファイバータオルの順に吸収力が強い

・乾きやすさで考えたら?

①スイムタオル ②スウェードタオル ③マイクロファイバータオルの順に乾きやすい

・生乾きしにくい順番で考えたら?

①スイムタオル ②スウェードタオル ③マイクロファイバータオルの順に生乾きしにくい

・肌さわりがいい順番で考えたら?

①マイクロファイバータオル ②スウェードタオル ③スイムタオルの順に肌さわりがいい

・扱いやすさの順で考えたら?

①スウェードタオル ②マイクロファイバータオル ③スイムタオルの順に扱いやすい

・旅に持っていくのに向いている順で考えたら?

①スウェードタオル ②マイクロファイバータオル ③スイムタオルの順に旅に向いている。

機能のスイムタオル、扱いやすさのスウェードタオル、肌さわりのマイクロファイバータオルといった感じですね。

スイムタオルはかなり性能が極端ですね。そしてマイクロファイバータオルは速乾タオルというのを期待するとちょっと物足りない。

おそらく速乾タオルを期待する人に一番近いタオルはスウェードタイプの速乾タオルが一番向いていると考えられますね。

速乾タオルを選ぶときに気を付けることは?

色落ちに気をつけよう

タオルを買ってすぐに使いたい。当たり前ですよね?

ですが少し待っていただきたい。

速乾タオルの中には色落ちが激しいタイプのものがあります。

これは速乾タオルのメーカーや発売しているタオルのロットにも関係しているため、この「メーカーは絶対色落ちする!」という断言ができない状態です。

しかし自分が買った速乾タオルで色落ちが起きてしまったら・・・

どうしたらいいか?

私は色移り防止策を自分で実行しました。

速乾タオルの色移り防止策は何?

簡単に言うと、「最初に色をあらかじめ落としておく」方法です。

  1. 最初に速乾タオルを水、お湯につけて色落ちするタイプか確認する
  2. 色落ちするタイプであれば、洗剤を溶かしたお湯(5,60度くらい)に速乾タオルを入れて素早くかきまぜます。(やりすぎると色が落ちすぎるのでほどほどに)
  3. 色が落ちた湯を捨てて、速乾タオルを水で洗い色が出なくなるまですすぎます。
  4. 色落ちがまだする場合、1~3を3,4回繰り返す

速乾タオルに対しての色移り防止策はこれでOKです。

速乾タオルは有名メーカーのものもまさかの色落ちするタイプのタオルがあります。

その場合はこの色落ち防止策を参考にしてください。

速乾タオルの長所を生かして荷物を減らそう

速乾タオルはよく汗を吸い込みます。

そして「薄い」です。この特長を生かさないことはありえません。

つまり荷物としてのタオルの量をかなり減らすことができます。

旅行に行くときに、様々なタオルの種類を用意したりしませんか?

「これは日中歩き回るときに使うハンドタオル」

「汚れたときに使うタオル」

「風呂に持っていくバスタオル」

「風呂に持っていく体を洗うタオル」

「洗顔の時に持っていくタオル」

もし5人家族で日数分のそれぞれのタオルを持っていったらとてつもない量になること必至です。

でも旅先で軽くせっけんで洗って寝てる間に乾かしたら、速乾タオルは簡単に乾くため、翌日も同じタオルが使うことができます。

楽しい速乾タオルの選び方

速乾タオルが売り出されてから様々な種類の速乾タオルが増えてきました。

なので速乾タオルを探してみるとその種類の多さにびっくりしてしまう人が多いです。

そして適当に安い奴を選んでしまい、自分のイメージしたタオルを選びそこなってしまうというケースをよく聞きます。

ただ速乾タオルが欲しいという人も話をよく聞くと「ヨガに使いたい」「キャンプに使いたい」「旅行に行くからかさばらないタオルが欲しい」「料理でタオルがビシャビシャになってしまう、早く乾くタオルが欲しい」

本当に色々な「欲しい理由」があります。

どんな速乾タオルの評価が高いか?ではなく実際に使われている人の使われ方に注目することも速乾タオルの選び方の重要なポイントです。

 

このページで紹介した速乾タオルの種類のまとめを参考に色々な要素で「あなたが欲しい速乾タオル」を是非見つけてください。

 

 

 

-未分類

Copyright© スマホ of ライフ , 2019 AllRights Reserved.