スマホ得メモ >

【ガラケー生産終了?】最後のガラケーは?今後はどうなるの?

投稿日:

ガラケー生産終了?今回の決断はどういう経緯?

従来型携帯(ガラケー)の生産終了 国内各社、17年以降

パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

日経新聞 4月24日電子版よりhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21H8H_T20C15A4MM8000/

ということはガラケーの形は残るんですね。このニュースの見出しを見たとき、自分はスマホを使っていましたが時代の流れとはいえ、今まで使っていたものが変わっていくことは寂しく感じますね。

NECは2017年で携帯電話事業から完全撤退へ。最終機種は?

逆にNECは完全にガラケーから手を引く模様。現在出している機種は「N-01G」と「N-01F」の2つがドコモから出ているみたいですね。

tc8git000000frce製品の特徴に「長持ちバッテリー」を謳っているんですが、ソフトウェアで不具合が出たりしたらバッテリーどころの話じゃなくなるので、アップデートとか最後までしっかり面倒を見てほしいですよね。2016年の3月に新規の端末開発を取りやめて2017年3月に生産を終了するみたいです。最終機種はまだ少し先の話になりそうですね。

今ガラケーを作っている国内メーカーはどこ?

富士通、シャープ、パナソニック、そしてNECですね。(すみません、もしかしたら漏れがあるかも)今回NECが撤退しますが、残りはAndroidガラホとしてガラケー型端末を引き続き作る模様です。

携帯ショップに行くと年配の方は、iphoneにも興味があるみたいですが、物理ボタンのほうが安心して使えるという方もいて一定の需要がありますからね。でもこのニュースで年配の方たちもiphoneなどに興味を持つかもしれませんね。

 

 

 

-スマホ得メモ >

Copyright© スマホげーLABO , 2017 All Rights Reserved.