スマホ得メモ >

三菱東京UFJの奈良田寿さん、顧客のお金を自分の懐へダイレクトバンキング

更新日:

大人の5月病かな?

最近めっきり暑くなってきましたね。こう暑いとやる気も中々沸いてこないものです。

しかしそんな自分とは違い、団塊ジュニアの世代には中々やる気満々な人がいたようです。

三菱東京UFJ元行員、預金着服容疑で逮捕 「ぜいたくな暮らしするため」…33人の口座から1.1億円か

顧客の預金を引き出して着服したとして、警視庁捜査2課は27日、業務上横領容疑で、元三菱東京UFJ銀行横浜中央支店長代理、奈良田寿容疑者(52)=埼玉県川口市本町=を逮捕した。捜査2課によると、「ぜいたくな暮らしをするため、遊興費や飲食費に使った」などと供述し、容疑を認めている。

奈良田容疑者は平成14年5月以降、同行の大宮、葛西、横浜、横浜中央の4支店で支店長代理として勤務。国債などに投資するよう顧客を勧誘し、投資資金として現金を預かって着服する手口で、33人の預金口座から計約1億1千万円を着服したとみられる。

産経ニュースより http://www.sankei.com/affairs/news/150527/afr1505270027-n1.html

正直UFJのキャッシュカードを持っている自分としては、ATMの平日手数料有料化やら何やらでめっきり印象が悪くなってしまった三菱東京UFJですが、また印象が悪くなる話ですね。

疑問:なぜこんなに大きなお金が横領されたのか

これについては大体予想がつきます。「支店長代理」の肩書きというより、「国債などに投資するよう顧客を勧誘し、投資資金として現金を預かって着服する手口」とあるようにこれが原因であり、証券会社など他の場所でも起こりうるタイプの横領と言うことが分かります。

予想:顧客の株、お金をダマテンしていた

ダマテンというのは証券会社用語で「証券会社の人間が客の株、金を黙って運用・転売すること」です。もちろん普通に違法行為です。顧客Aから100万抜いた⇒顧客Aが運用状況に関する問い合わせがくる⇒顧客Bから100万抜いて顧客Aに100万戻して顧客Aに問題ないように見せる⇒・・・・と自転車操業的にお金を回しまくって色々な顧客から少しずつ抜いていく感じでしょうね。顧客の中には投資預金はまったくチェックしないという人もいるので、そうすると発覚はさらに遅くなって被害も大きくなってしまうというものです。

まあ、お金は減っているのでいつかはばれてしまうんですけどね。最悪な状況としては横領され続けて証券口座のお金がスッカラカンというケースですよね。それにしても容疑者の奈良田さんは52歳ですか、証券や銀行の若手ペーペーは日々のノルマにヒーヒー言って苦しんでいるのに、こちらは優雅に遊び呆けですか・・・。いずれにせよこの後の事後処理で無関係の人間が社内外を走り回らされるのが目に浮かびますね。可哀想に・・・・

とりあえず裁判では使い込んだという「遊興費、飲食費」改め「どんなオネーちゃんと遊んでどんな良い物食っていた」かを詳細に公にしていただきたいものです。

 

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

-スマホ得メモ >

Copyright© スマホげーLABO , 2017 All Rights Reserved.