スマホ得メモ >

【アカン】W杯の反則抗議にはお金でお口チャックが判明【アイルランド】

更新日:

 う~ん、お金まみれ・・・

なかなか話題が収まらないFIFAですが、また違う組織に飛び火をしたようですね。

反則抗議後にFIFAから多額の資金

2010年のサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会のヨーロッパ予選でフランスに敗れたアイルランドが、フランスの選手に反則があったと抗議したあと、法的な手段に訴えないようFIFA=国際サッカー連盟からアイルランドのサッカー協会に多額の資金が提供されていたことが明らかになりました。

NHK NEWS WEBよりhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150605/k10010103921000.html

これでアイルランドサッカー協会は500万ドル(日本円で6億円)FIFAから資金提供をもらったのですが、このニュースで驚きなのは誰が「この話題をしたか」なのですが・・・・

当のアイルランドサッカー協会の会長がラジオで喋っているんですよね・・・

え、それって言っていいの?今のこの時期やばいんじゃね?とか思うのですが、そこはアイルランドサッカー会長

ディレイニー会長は、FIFAからの資金提供について「協会が法的な手段に訴えないようにするためのものだった」と認めたうえで合法的な取り引きだったと説明しました。

せ、説明どころか何か犯行の自白にしか聞こえないのですが、これでアイルランド国民は納得するのでしょうか?

もしかしたら数日後にどこかの会長みたく「辞職」なんてことにならなきゃいいですが・・・(いや、なったほうがいいのかな?)

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

-スマホ得メモ >

Copyright© スマホげーLABO , 2017 All Rights Reserved.